078-367-6880 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00~17:00

浮気・不倫相手に慰謝料請求するには

  1. みなと元町法律事務所 弁護士山口達也 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 浮気・不倫相手に慰謝料請求するには

浮気・不倫相手に慰謝料請求するには

夫婦の一方が不倫をしてしまった場合に、浮気・不倫相手から慰謝料を取ることはできるのでしょうか。裁判例を見ていると、実は全ての浮気相手への慰謝料が認められることはなく、ある限られた条件でのみの浮気・不倫相手への慰謝料請求は認められています。

⑴浮気相手から慰謝料を取ることができる場合
一般的に、夫婦の関係が円満であり、その関係性を害しようとして不貞行為を行った場合には浮気相手は不法行為責任を負うと考えて良いと思われます。
一般的に、浮気・不倫相手への慰謝料請求は、夫婦が円満な婚姻生活を行うための互いの貞操を守る義務と関わっています。そして、この貞操を守らなければいけないことを浮気相手が知りながらもなお不貞行為を行い、離婚に至るなど夫婦の仲が破綻するに至った場合には浮気相手への慰謝料請求が認められる場合があります。

⑵浮気相手から慰謝料を取ることができない場合
夫婦がすでに別居しているなど、夫婦の婚姻関係がすでに破綻している場合は浮気相手が不法行為責任を負いません(最判平成8年3月26日民集50巻4号993頁)。また、浮気相手が不法行為責任を負うのは、「単に夫婦の一方との間で不貞行為に及ぶにとどまらず、当該夫婦を離婚させることを意図してその婚姻関係に対する不当な干渉をするなどして当該夫婦を離婚のやむなきに至らしめたものと評価すべき特段の事情があるときに限られ」ます(最判平成29年2月19日民集73巻2号187頁)。
つまり、夫婦が婚姻生活を営んではいるものの、両者のコミュニケーションが疎遠になったり別居しているように、すでに婚姻生活が破綻している場合には浮気相手に対して慰謝料を取ることはできないです。
また、浮気相手が妊娠をしていた場合にはたとえ慰謝料請求が認められたとしてもかなり少ない額に留まると考えられます。というのは、もし浮気相手が女性の場合、子の養育費などを1人で負担するというのは酷であるため、裁判所は生まれてくる子の利益を踏まえた、バランスの取れた判断をすることが求められるからです。

婚約前の浮気は、浮気相手に慰謝料請求をすることができるでしょうか。これもやはり婚姻関係にある夫婦と同じで、厳しいと考えざるを得ません。あえて認められる場合があるとすれば、婚約前のカップルが内縁関係である場合でしょう。「内縁関係」とは、社会一般から夫婦協同体と認められる実質を有しながら、届出を欠くために、法律上は夫婦と認められないものをいいます。内縁の妻と通じた男が内縁の夫に対して不法行為責任を負うとする裁判例があります(大判代償10年5月17日民録27輯934頁)。しかし、裁判例が古いことから、婚姻夫婦の場合と同様に浮気相手に対する慰謝料請求が認められるのは浮気相手が内縁状態を破綻させようとした場合などに限られるでしょう。

以上のように、浮気相手への慰謝料請求は認められる場合と認められない場合があることがわかります。もっとも、上記の裁判例は浮気相手だけに対する慰謝料請求でした。本来は浮気・不倫した配偶者の一方(有責配偶者)に対して精神的苦痛を被ったとして慰謝料請求をすることはできます。
このように考えると、浮気相手への慰謝料請求は厳しいかもしれません。

みなと元町法律事務所は離婚問題に関する知識・経験が豊富な弁護士が在籍しております。
離婚問題についてお困りの方はぜひみなと元町法律事務所にお問い合わせください。

みなと元町法律事務所 弁護士山口達也が提供する基礎知識

  • 審判離婚

    審判離婚

    審判離婚とは、調停離婚が不調に終わった際、家庭裁判所の審判によって離婚を成立させる方法です。 調停がう...

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    相続は、被相続人が死亡した場合に開始します。 相続が開始すると初めに行わなければならないのが、死亡届...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    「離婚を目指してはいるが、幼い子供の今後の生活費や教育費などを考えると不安がある」。お子様をお持ちの多...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    お子様をめぐる離婚のお悩みの中でも、特に争いが多く発生するのが「お子様の親権」です。 しかし、「親権」...

  • セクハラ・パワハラの定義と解決方法

    セクハラ・パワハラの定義と解決方法

    ■セクハラの定義 セクシャルハラスメントとは、「職場において行われる、従業員の意に反する性的な言動」を...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    「家族とお金のことを話し合うのは抵抗がある」このようにお考えの方もいらっしゃるかもしれません。 しかし...

  • 物損事故

    物損事故

    物損事故とは、幸いにも人に対する侵害が生じず、車などの物のみが損壊する事故をいいます。 物損事故の場...

  • 相続法改正で変わった点とは

    相続法改正で変わった点とは

    ■自筆証書遺言に関する改正 自筆証書遺言とは、遺言者自らが自筆で遺言書を作成し、遺言書を自宅で管理する...

  • 相続のための事前準備

    相続のための事前準備

    相続における事前準備としては、「節税対策」、「納税資金対策」、「争族対策」の大きく3つがあります。これ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ