078-367-6880 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00~17:00

後遺障害等級

  1. みなと元町法律事務所 弁護士山口達也 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 後遺障害等級

後遺障害等級

後に残った完治することのない障害を、後遺障害といいます。

後遺障害として認定されるためには、後遺障害等級認定が必要となります。

後遺障害には、14等級存在します。

この後遺障害等級は、数字が小さくなるごとに、症状が重くなります。

そして、1級に近づくほど、請求できる賠償額が高額となります。

この後遺障害等級の認定には、2つの認定方法があります。

■事前認定
任意保険会社を経由して申請する方法が事前認定です。

この方法は、申請について保険会社が行ってくれます。そのため、被害者が主に行うことは、後遺障害診断書を医師に作成してもらうことです。

そのため、手続き的に被害者にとって利便性があります。

しかし、事前認定は、加害者側の保険会社が手続きを行います。そのため、被害者が関与できることが少なく、思い通りの認定がなされない可能性があるというデメリットがあります。

■被害者請求
被害者自身が直接保険会社に申請するのが、被害者請求です。

被害者請求の場合、自ら書類を準備する必要がありますが、その分、被害者が認定の請求に関わることができます。

みなと元町法律事務所 弁護士山口達也は、神戸市、丹波市、明石市、西宮市を中心に、離婚、相続、交通事故等の法律問題の解決にあたっています。
問題の解決に向け尽力いたしますので、お困りの際は、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

みなと元町法律事務所 弁護士山口達也が提供する基礎知識

  • 審判離婚

    審判離婚

    審判離婚とは、調停離婚が不調に終わった際、家庭裁判所の審判によって離婚を成立させる方法です。 調停がう...

  • 労働問題でお悩みの使用者(経営者)の方へ

    労働問題でお悩みの使用者(経営者)の方へ

    ■労働問題のリスク 会社と社員との間でトラブルが発生すると労働審判や裁判、ストライキなど労働組合による...

  • 代襲相続

    代襲相続

    「代襲相続」とは、本来相続の対象であった相続人が被相続人より先に亡くなっている場合に、例外的に被相続人...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    「家族とお金のことを話し合うのは抵抗がある」このようにお考えの方もいらっしゃるかもしれません。 しかし...

  • DV(家庭内暴力)を理由に離婚するには

    DV(家庭内暴力)を理由に離婚するには

    離婚関係で、近年話題になってきたものとしてDVが挙げられます。DVとは、ドメスティック・バイオレンス(...

  • 相続法改正で変わった点とは

    相続法改正で変わった点とは

    ■自筆証書遺言に関する改正 自筆証書遺言とは、遺言者自らが自筆で遺言書を作成し、遺言書を自宅で管理する...

  • 示談交渉

    示談交渉

    交通事故が発生した場合、事故当時者同士で、賠償等について話し合いを行うこととなります。 この話し合い...

  • 妊娠中の離婚

    妊娠中の離婚

    子どもを妊娠中に離婚をする場合、子どもに関する問題が多く生じてきます。親権や養育費、面会交流権などの取...

  • 団体交渉

    団体交渉

    ■団体交渉とは 団体交渉とは、使用者と労働組合が、その代表者を通じて行う交渉です。労働者が団体交渉を行...

よく検索されるキーワード

ページトップへ